最強の方言、関西弁の弱点 〜標準語に嫉妬する〜

 

 僕は京都に生まれたことを

心の底から誇りに思う

 

 

寺や、風景、人柄も好きだが

 

何よりも

 

 

関西弁

 

 

ずっと関西に住んでると気づかなかったが

関西弁ってホンマにすばらしい

 

 

*ということで、今日のブログは関西弁でお届けします

 

 

リズム、イントネーション、語感

 

何をとっても完璧やねんもん

 

 

 

特に威力を発揮するのは

 

関西以外の人の集まりに参加した時

 

全力の関西弁を使って、自己紹介するだけで

良くも悪くも、一瞬で覚えてもらえんねんもん

 

 

フィンランドで日本の大学生の集まりに参加した時とか、

 

「関西弁の変な旅人」

 

 

ってことで、一瞬でキャラが確立してん!!

 

 

良くも悪くもっていうのは、

 

その結果、どん引きする人もいるからww

 

 

でも、僕の基本スタンスは

 

100人と話したら

 

99人にどん引きされても、

1人と、今後も続く関係になったらいいやー

 

 

ってかんじやから、

 

関西弁はホンマに便利やわww

 

 

 

 

ほんで、さらに威力を発揮するんが

 

日本好きの外国人と話す時

 

 

なんでか知らんけど、

関西弁はめっちゃ人気やねんww

 

 

それだけ日本のテレビやドラマが人気なんやろうな

 

世界のダウンタウンに感謝です!!

 

 

「この文章を関西弁に訳して!!」

 

とか、言われたりもするしww

 

 

 

ということで、良いことしかない関西弁

 

 

 

*文章で関西弁書くのが、こんなに難しいとは思わなかった…

 ここからノーマルに戻りますww

 

 

 

 

そんな最強の方言だと思われていた

 

関西弁

 

 

 

でも実は、弱点があったんです

 

 

先日、僕は人生で初めて

標準語に対して嫉妬しました

 

 

 

僕の現在の職業は

 

「日本語教師」です

 

 

「日本人の知らない日本語」というドラマで

有名になりましたね

日本人 

 

 

正確には、アシスタントなんですが

教える機会もたくさんあります

 

 

例えば、発音練習

 

 

英語の授業でいうところの

 

「Repeat after me~♪」

 

ってやつです

 

DSC_0018 

*英語じゃありませんよ!

 日本語がローマ字で書かれています

 

 

ひとつ、ひとつ

 

単語を読み上げていくのですが、、、

 

 

 

この瞬間まで

僕は関西弁の弱点に気づかなかった…

 

 

 

イントネーションにくせがありすぎる

 

 

 

 

5単語に1回ぐらいのペースで

 

日本語教師の先生に、注意される

 

 

例えば、地下鉄

 

 

 

→↗↘→→

ちかてつ  ですよね!?!?

 

(*関西の方へ)

 

 

 

どうも、正しい日本語は

 

 

↗↘→→→

ちかてつ  らしいです

 

 

 

 

 

伝わりますか!?!?笑

 

 

 

 

 

生徒から見ると

 

日本人に注意されてる日本人

 

 

 

なんてこった…

 

 

 

無敵の関西弁のはずが…

 

 

 

このままでは、僕の生徒は

関西弁チックな日本語になってしまう…

 

 

 

 

ということで、最近は

 

標準語練習中ですww

 

 

 

京都に帰ってきた時に、

もし僕が、標準語になっていたら

 

 

温かくコテコテの関西弁で迎えてやってください

 

 

 

 

追伸

 

<関西にお住みでない人へ>

 

僕のことをおもしろいと言ってくださる

ありがたい人もいますが、

 

関西での僕は、

 

「The まじめ」の代名詞ですww

 

 

このブログにも

真面目すぎるから、もっとおもしろくしろ

 

という、お叱りの言葉がたくさん来ます

 

 

いやー。関西は怖いですね

 

関西に来たこと無い人は

ぜひ遊びにきてください

 

特に京都!!!!

 

1年後でよければ、案内しますよー♪

 

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

3 thoughts on “最強の方言、関西弁の弱点 〜標準語に嫉妬する〜

  1. ぽぷら

    はじめまして。大阪で日本語教師をしているぽぷらと言います。

    世界一周の情報をいろいろ調べていたところ偶然ここにたどりつきました。

    日本語を教えつつ大学時代から続けている落語を世界に発信する活動も地道に

    行なっています。

    私も近いうちに世界の日本語教育の現状をこの目で見る、落語を広める旅に出たいと考

    えています。

    更新を楽しみにしてます。

  2. しゃみー

    ひらしん久しぶり(^ω^)!
    しゃみーだよ!で分かるかな?
    中野智子だよー

    先生になるために毎日頑張ってるんやね!頑張ってるっていうか、楽しんでるね★ひらしんなら面白い夢ある先生になりそうで楽しみー!

    ちょこちょこブログ読ましてもらってるんだよ!面白くないことないよ(^ ^)
    学びがいっぱいでうちにとってはとっても面白いブログです
    行った事のない国を知るきっかけを作ってくれるから☻!

    それでね、ブログ読ませてもらって、分かるなぁ〜と思ってコメントさせてもらってん!

    うちの職業は客室乗務員やけど、日本をどこでも飛ぶってことで標準語が求められるんよね。サービス要員として、質の高いサービスするために訛らないっていうのは当たり前なんだけどね!笑

    でも、うちもひらしんと同じで関西弁、特に京都言葉にはすっごく誇りを持ってて!こんな素敵な言葉ないやろ!おもろいしすぐ友達作れるようなフランクな言葉やし。最強や。って思ってて。
    衰えさせたくない言葉やしむしろ広めたいなって思ってるねん(^ ^)

    でも職業柄、標準語しか喋れなくて。それでこんな関東関西混じった言葉しか喋れへんようになっちゃった笑

    アナウンスとかするのでも、イントネーションが違うって怒られたりするんよね〜
    標準語が難しいって変な話やけど、やっぱり難しいよね笑

    でもね、関西から乗って来られる方にこっそり関西弁で対応したら、
    なんか機械的ちゃうしええわ
    って喜んでくださったことがあるんよ。関西弁ってあったかみがあるんやね(^ ^)

    海外の子供達には、イントネーションを含めて”標準”てされる日本語を教えてあげて、標準語から分かる日本の美しさを伝えてあげて欲しいけど、関西弁っていう文化も伝えて欲しいな☆
    訛ってるって言われるけど、ちゃうねん。これはうちらの文化やねん。ソウルワードやねん。って。笑

    でも関西弁好きなひらしんやったらうちからこんなこと言われんでも分かってるかな!笑
    長々とごめんね〜
    風邪引かないように、そっちでの生活楽しんでね!

    ほなまたねー(^_^)

    1. hirashin Post author

      しゃみーさん!
      びっくりするぐらい嬉しいコメントです

      ホンマにありがとうございます!!!!

ぽぷら にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>